どこから浮気か、というのは人によって違うと思いますが、キャバクラに行くことを浮気とするなら、お金の減り方で察知できると思います。

もちろんどこに行くかなんてハッキリ言うわけないので、送別会だとか本店から支店長が来たとか、なんやかんや理由をつけて飲んで帰ることを正当化します。

仕事の付き合いなんだからと言われると、こちらは分からないので文句が言えませんからね。そして、お金が減るのも飲み会が続いているからだと納得してしまうんですね。足りないと言われたら渡してしまいます。

しかし、あるとき気付いたのです。支店長(つまり上司)が来たときは、奢りなんじゃないかと。確か今までは「○○奢ってもらった」とか飲み会の後、家で話していました。うちは結構仕事の話やその他の話をするのですが、最近しないなと。

おかしいと思って財布をみると、案の定お店のカードが出てきました。そしてつい先日渡したはずのお金もありえないほど減っています。疑われているとは思っていないので、証拠を残しまくりでした。

その後のことは想像にお任せしますが、家で何も話さなかったのは余計なことを喋ってボロを出すのを恐れてのことでした。話さなさ過ぎて疑われたんですけどね。

やっぱりやましいことがあると、不自然な行動に出るのだと感じました。